2017.10.18

レアルとトッテナムはドロー決着…C・ロナ&ケインの両エースが得点に絡む

レアルとトッテナムの一戦はドローに終わった [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節が17日に行われ、グループHでレアル・マドリードとトッテナムが対戦した。

 ともに連勝スタートを切った両チーム。3連勝での単独首位をかけた一戦は先にレアルがチャンスを迎える。5分、左サイドからのクロスをファーに走り込んだ18歳DFアクラフ・ハキミが折り返し、中央のクリスティアーノ・ロナウドが頭で合わせるが、右ポスト直撃。こぼれ球をカリム・ベンゼマが右足で蹴り込むが、シュートは枠の左に外れた。

 レアルは17分、C・ロナウドがエリア内右から右足で狙うが、シュートはわずかに枠の左に逸れる。一方のトッテナムは19分、右CKで中央のハリー・ケインが頭で叩きつけるが、これはGKケイロル・ナバスに阻まれた。

 試合が動いたのは28分、アウェイのトッテナムが先制に成功する。右サイドのセルジュ・オーリエが鋭いクロスを入れ、ニアに走り込んだケインがヒールで合わせると、マークについていた後方のDFラファエル・ヴァランに当たってネットを揺らし、オウンゴールとなった。

 だが、レアルは42分にトニ・クロースがエリア内でオーリエに倒されてPKを獲得。43分、これをキッカーのC・ロナウドがGKと逆のゴール右隅にきっちり決めて、同点に追い付いた。

 後半に入ってレアルは54分、エリア内右のカゼミーロからのクロスに、中央のベンゼマが至近距離からヘディングシュート、63分にはエリア内右に抜け出したC・ロナウドが強烈なシュートを放つが、いずれもGKウーゴ・ロリスの好セーブに阻まれた。

 トッテナムも71分、フェルナンド・ジョレンテからパスを受けたケインがエリア内で右足シュート、73分にはエリア内右に抜け出したクリスティアン・エリクセンが右足を振り抜くが、どちらもGKナバスの好セーブに逢い、ゴールには結びつかなかった。

 試合はこのまま1-1でタイムアップを迎え、H組首位対決はドローで終了。11月1日に行われる次節は、トッテナムがホームにレアル・マドリードを迎える。

【スコア】
レアル・マドリード 1-1 トッテナム

【得点者】
0-1 28分 オウンゴール(ラファエル・ヴァラン)(トッテナム)
1-1 43分 クリスティアーノ・ロナウド(PK)(レアル)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
ユヴェントス
31pt
ローマ
30pt
欧州順位をもっと見る