2017.04.20

主審も気付かず…D・アウヴェス、古巣ベンチへの挨拶中に試合開始

ダニエウ・アウヴェス
古巣バルサのベンチへ挨拶中、試合が始まってしまったダニエウ・アウヴェス [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグが19日に行われ、バルセロナ(スペイン)とユヴェントス(イタリア)がベスト4進出を懸けて対戦。ホームのバルセロナがユヴェントスの強固な守備を最後まで崩せず、スコアレスドローで終了した。以上の結果、2試合合計3-0でユヴェントスが準決勝進出を決めている。

 同試合で、キックオフの瞬間に珍事が起きていた。スペイン紙『アス』が伝えている。

 珍事が起きたのは、キックオフの瞬間。話の中心人物は、昨夏にバルセロナからユヴェントスに移籍していたブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスだった。右サイドバックで先発出場したD・アウヴェスはピッチに入場した後にバルセロナのベンチに赴き、かつてのコーチングスタッフや同僚たちと挨拶を交わしていた。しかし、同選手の状況に気づいていなかったビヨルン・カイペルス主審は、キックオフの笛を吹いて試合を開始。笛の音を対戦相手のベンチで聞いたD・アウヴェスは、慌ててピッチへ走っていったのだった。

 ユヴェントスは“右サイドバック不在”で試合を始めることになったが、右サイドハーフで先発出場していたコロンビア代表MFフアン・クアドラードがポジションを下げてカバーしていたこともあり、特に問題は生じなかった。

 慌ただしい立ち上がりとなったD・アウヴェスだが、集中力を欠くことなくフル出場。ファーストレグに続いてマッチアップすることになった同胞FWのネイマールらを抑え、チームの無失点と準決勝進出に貢献している。

(記事/Footmedia)

この試合の他の記事

欧州順位ランキング

チェルシー
78pt
トッテナム
74pt
リヴァプール
66pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ライプツィヒ
62pt
ドルトムント
56pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
78pt
レアル・マドリード
78pt
アトレティコ・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
83pt
ローマ
75pt
ナポリ
71pt
欧州順位をもっと見る