2017.04.20

CLベスト4出揃う…レアル、アトレティコ、ユーヴェ、モナコが進出

CLベスト4はレアル(左上)、アトレティコ(右上)、ユーヴェ(右下)、モナコ(左下)に決まった [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝の全試合が19日に終了し、準決勝進出4クラブが出揃った。

 史上初の連覇を狙うレアル・マドリードは、バイエルンを2試合合計6-3で撃破した。アウェイでの第1戦で2-1の逆転勝利を収めたが、第2戦では延長戦に突入。それでもエースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのハットトリック達成などで、4-2で激闘を制し、史上初の7年連続ベスト4入りを果たした。

 2年連続の決勝進出を目指すアトレティコ・マドリードは、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターの快進撃を止めた。18日の第2戦は1-1のドローだったが、ホームでの第1戦で1-0の勝利を収めており、2試合合計2-1で準決勝進出。レスターのCL初挑戦はベスト8で終わった。

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは、モナコに連敗し準々決勝敗退となった。モナコがアウェイでの第1戦で3-2の勝利を収めると、ホームでの第2戦も3-1で連勝。13年ぶりとなるCL準決勝進出となった。

 バルセロナは第1戦のアウェイゲームでユヴェントスに0-3の敗戦。前ラウンドで4点差をひっくり返した“奇跡の逆転劇”の再現に期待が高まったが、ホームでの第2戦もノーゴールに終わり、ベスト8で敗退となった。2戦合計3-0で2年前の決勝のリベンジを果たしたユヴェントスが、ベスト4に駒を進めた。

 この結果、レスターの敗退によりイングランド勢が全滅。バイエルンとドルトムントも敗れたため、ドイツ勢も姿を消すこととなった。

 なお、準決勝の組み合わせ抽選会は21日に開催され、ファーストレグは5月2日と3日に、セカンドレグは5月9日と10日に行われる。

 2016-17シーズンのCL準決勝進出を決めた4クラブは以下のとおり。

レアル・マドリード(スペイン)
アトレティコ・マドリード(スペイン)
ユヴェントス(イタリア)
モナコ(フランス)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る