2017.04.19

敵地で奮戦もCL敗退…バイエルンのファン、レアル戦で警察と衝突

バイエルンのファンがレアル戦で警察と衝突か [写真]=VI-Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 18日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)で、バイエルン(ドイツ)はレアル・マドリード(スペイン)と敵地で対戦。90分を終えた時点では2-1、2試合合計3-3で延長戦に突入したものの、最終的には2-4と敗れ、2試合合計3-6で準々決勝敗退が決まった。

 同試合で、レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウに足を運んだバイエルンのファンが、地元警察と衝突する騒ぎがあったようだ。イギリス紙『デイリーメール』など複数メディアが報じている。

 報道によると、バイエルンのファンはレアル・マドリード戦のハーフタイムに地元警察と衝突。警察官は警棒を持ち、顔を全て覆う防護マスクを着用してバイエルンファンのエリアに突入したという。

 CL準々決勝屈指のビッグマッチとなった今回の対戦に向けて、マドリード市は「ハイリスク」な試合だと位置付け、セキュリティー対策として約18000名の警官を召集していたと報じられている。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

チェルシー
93pt
トッテナム
86pt
マンチェスター・C
78pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る