2017.04.19

C・ロナがハットトリック!…レアル、バイエルンとの激闘制し4強入りで連覇へ前進

C・ロナウド
ハットトリックの活躍で勝利に貢献したC・ロナウド [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグが18日に行われ、レアル・マドリードとバイエルンが対戦した。

 12日の第1戦ではレアルがアウェイで2-1の逆転勝利を収め、7年連続の準決勝進出に一歩リードした。第2戦はCLの直近12試合で10勝2分と無敗を誇る得意のホームでドイツ王者を仕留めにかかる。クリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマらが先発出場で、主将のセルヒオ・ラモスはCL通算100試合目の出場。ギャレス・ベイルは負傷欠場で、代わりにイスコが入った。

 一方、第1戦で敗れてCLでのホーム連勝記録が16で止まったバイエルン。アウェイゴールも2点奪われ、6年連続のベスト4入りに黄信号が灯るが、カルロ・アンチェロッティ監督がよく知る古巣本拠地で逆転突破を狙う。先発メンバーにはロベルト・レヴァンドフスキ、マッツ・フンメルス、ジェローム・ボアテングが復帰。古巣対決のシャビ・アロンソやアリエン・ロッベン、チアゴらがスタメンに入った。

サンティアゴ・ベルナベウに浮かんだコレオグラフィー [写真]=Getty Images

 2点以上が必要なバイエルンは13分、アルトゥーロ・ビダルがペナルティエリア手前中央から右足ミドルシュートを放つが、クロスバー上に外れる。立ち上がりはバイエルンが主導権を握っていたが、徐々にレアルがペースを掴む。26分、カウンターで走り上がったダニエル・カルバハルが、エリア手前右から強烈な右足シュートを放つが、GKマヌエル・ノイアーにセーブされた。

 28分には、右サイドからのクロスをノイアーが弾き返したところに、ラモスが右足ダイレクトシュートを放つが、ライン上のボアテングにクリアされる。36分には、ルカ・モドリッチの浮き球パスでC・ロナウドが抜け出し、エリア内右から右足シュートを放つが、GKノイアーの好セーブに阻まれた。

 スコアレスで折り返した後半51分、バイエルンはロッベンが相手エリア内でカゼミーロに倒されてPKを獲得。53分、キッカーのレヴァンドフスキがゴール中央に蹴り込み、バイエルンが先制に成功した。

レヴァンドフスキ

PKで先制点を決めたレヴァンドフスキ [写真]=Bongarts/Getty Images

 レアルは64分にベンゼマに代えてマルコ・アセンシオを送り出した。71分、バイエルンはフランク・リベリーを下げてドウグラス・コスタを、レアルもイスコを下げてルーカス・バスケスを投入。バイエルンは74分、トーマス・ミュラーとの交代でX・アロンソがピッチを後にすると、観客の拍手で送り出された。

X・アロンソ

X・アロンソの交代時には古巣レアルのファンも拍手を送った [写真]=VI Images via Getty Images

 レアルは76分、ガゼミーロが敵陣中央の右寄りで倒されながらも、粘ってアーリークロスを供給。ゴール前に飛び出したC・ロナウドが頭でゴール右隅に叩き込んだ。しかし直後の78分、レアルは不運な形で勝ち越しゴールを献上する。エリア内中央のミュラーの落としを、ラモスが対応するが、味方との連携が合わず、右足で触ったボールが無情にも自陣のゴールに吸い込まれた。

S・ラモス

同点直後に痛恨のオウンゴールとなった [写真]=Bongarts/Getty Images

 相手のオウンゴールで2戦合計3-3に追い付いたバイエルンだったが、85分にビダルがアセンシオへのファールで、この日2枚目のイエローカードを受けて退場となった。数的有利となったレアルだが、反撃のゴールは奪えず、このまま90分が終了し、延長戦へと突入した。

ビダル

レッドカードを提示されたビダル(左)[写真]=Bongarts/Getty Images

 試合が再び動いたのは105分。敵陣中央のラモスがエリア内へ浮き球パスを入れる。これを中央のC・ロナウドが胸トラップから左足を振り抜き、シュートをゴール左隅に沈めた。さらに110分、マルセロがハーフウェーライン付近からドリブルで相手3人をかわしてエリア内へ突破。GKの目前で横パスを送ると、C・ロナウドが無人のゴールに流し込んだ。C・ロナウドはハットトリックを達成し、CL通算100得点に到達した。

C・ロナウド

C・ロナウド(左)がアシストのマルセロ(右)とお馴染みのパフォーマンスを披露した [写真]=Getty Images

 112分には、ドリブルで持ち上がったアセンシオが、フンメルスをかわしてエリア内右に進入し、右足シュートをゴール左隅に決めた。試合はこのまま終了し、レアルが延長戦の末に4-2で勝利。2戦合計6-3で史上初となる7年連続のベスト4進出を決め、CL連覇にまた一歩前進した。敗れたバイエルンは6年連続の準決勝進出を逃し、現役引退が決まっているフィリップ・ラームとX・アロンソにとっては最後のCLとなった。

【スコア】
レアル・マドリード 4-2(2戦合計:6-3) バイエルン

【得点者】
0-1 53分 ロベルト・レヴァンドフスキ(PK)(バイエルン)
1-1 76分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル)
1-2 78分 オウンゴール(セルヒオ・ラモス)(バイエルン)
2-2 105分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル)
3-2 110分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル)
4-2 112分 マルコ・アセンシオ(レアル)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る