2017.03.17

大逆転劇の立役者ネイマール、ハット達成のオーバメヤンらを選出/CLラウンド16第2戦ベスト11

CL決勝トーナメント1回戦セカンドレグのベスト11が発表された [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 7日から15日までに行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグの結果を受け、UEFA(欧州サッカー連盟)の公式サイト『UEFA.com』がベストイレブンを発表した。

 チーム別に見ると、ドルトムント(ドイツ)から最多4名が選出。ホームでベンフィカ(ポルトガル)を相手に完封した守備陣からDFマルセル・シュメルツァーとDFエリック・ドゥルム、ハットトリックを達成したFWピエール・エメリク・オーバメヤン、さらに中盤のMFクリスティアン・プリシッチが選ばれた。

 また、パリ・サンジェルマン(フランス)を相手にファーストレグ4点ビハインドを逆転したバルセロナ(スペイン)からはFWネイマールを選出。88分からの3ゴール全てに絡む活躍を見せ、歴史的な大逆転劇の立役者となった。

 その他、セビージャを下してベスト8進出を決めた日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターからは守備陣2名が入った。GKカスパー・シュマイケルはPKを止めるなど完封勝利に大きく貢献した。

 なお、準々決勝の組み合わせ抽選会は17日に行われる。

『UEFA.com』選出のベストイレブンは以下のとおり。

▼GK
カスパー・シュマイケル(レスター)

▼DF
マルセル・シュメルツァー(ドルトムント)
ウェズ・モーガン(レスター)
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
エリック・ドゥルム(ドルトムント)

▼MF
クリスティアン・プリシッチ(ドルトムント)
アルトゥーロ・ビダル(バイエルン)
ドゥグラス・コスタ(バイエルン)

▼FW
ネイマール(バルセロナ)
ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る