2017.03.16

アトレティコが4年連続のCLベスト8…GKオブラクの好守連発でレヴァークーゼンを完封

オブラク
アトレティコGKオブラク(左から3人目)が好セーブを連発した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグが15日に行われ、アトレティコ・マドリードとレヴァークーゼンが対戦した。

 ファーストレグはアトレティコが敵地で4-2の勝利を収めた。4年連続のベスト8進出へ優位なアトレティコは、アントワーヌ・グリーズマン、ヤニックフェレイラ・カラスコ、サウール・ニゲスらが先発出場。頭部強打で離脱していたフェルナンド・トーレスがベンチに復帰した。

 一方のレヴァークーゼンは逆転突破へ3点以上が必要と厳しい状況だが、第1戦とは代わってタイフン・コルクト新監督が指揮を執る。先発メンバーにはハビエル・エルナンデス、カリム・ベララビ、ユリアン・ブラント、ケヴィン・フォラントらが名を連ねた。

 試合は両者ともチャンスを作るが、なかなかゴールは生まれない。レヴァークーゼンは21分、ブラントからのパスをエリア内左で受けたエルナンデスが、体勢を崩しながらダイレクトで左足を振り抜くが、シュートは枠を捉えられない。

 一方のアトレティコは38分、グリーズマンのパスを受けたアンヘル・コレアがワンタッチでエリア内に抜け出し右足シュート。40分には、コケがコレアとのワンツーからエリア手前で右足シュートを放つが、いずれもGKベルント・レノのセーブに阻まれた。前半はスコアレスで折り返す。

 後半に入って55分、カウンターからアトレティコがチャンスを迎える。トーマス・パルティからのパスを受けたコレアがエリア内右に進入すると、巧みなステップで相手DF2人をかわして左足シュートを放つが、これは枠の左に外れた。

 アトレティコは逆に68分にレヴァークーゼンの波状攻撃に遭うが、GKヤン・オブラクが好セーブ連発でチームを救う。ブラントに最終ラインでパスをカットされ、そのままエリア内中央で右足シュートを許すが、GKオブラクが体を張ったブロックで立ちはだかる。さらにエリア内右でこぼれ球に反応したフォラントに、立て続けに2本シュートを浴びるが、いずれも横っ飛びで驚異のセーブを連発。続けてエルナンデスがエリア内左から放ったシュートは枠の右に逸れた。

 アトレティコがその後もGKオブラクを中心にレヴァークーゼンの猛攻を凌ぎ、試合は0-0のまま終了。ドローに終わったが、第1戦のリードを守ったアトレティコが2試合合計4-2で4シーズン連続のCLベスト8進出を果たした。

【スコア】
アトレティコ・マドリード 0-0(2戦合計:4-2) レヴァークーゼン

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る