2017.03.10

“奇跡の大逆転”バルサに意外なデータ…パス成功数、大敗の第1戦より減少

バルセロナ
パリSGとのセカンドレグで6-1と大勝したバルセロナ [写真]=NurPhoto via Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、パリ・サンジェルマン(フランス)相手に大逆転劇を演じたバルセロナ(スペイン)。しかし、パス成功数は大敗を喫したファーストレグよりも少なかったようだ。9日付のスペイン紙『アス』が、UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』に掲載されているスタッツをもとに比較している。

 バルセロナは2月14日に敵地で行われたファーストレグで、0-4と大敗。『アス』によると、同試合のパス成功数は522本だったという。一方、本拠地カンプ・ノウで行われたセカンドレグのパス成功数は、ファーストレグよりも8本少ない514本。また、その成功率も89パーセントから87パーセントへと微減していたそうだ。バルセロナがパスサッカーを得意とし、6-1の大勝を収めたことを考えれば、意外な数字だと言えるだろう。

 なおボール支配率は、ファーストレグが57パーセントだったのに対して、セカンドレグは65パーセントと、8パーセントも増加。ただしチームの総走行距離は、ファーストレグ(105.1キロメートル)もセカンドレグ(105.8キロメートル)も同じ105キロメートル台だった。

 以上の比較結果を報じた『アス』は、「2つの試合のデータはほとんど同じものだったが、全く異なる結果となった。これは、サッカーにおける“パラドックス”と言える」と記事を結んでいる。

(記事/Footmedia)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る