2017.03.10

【写真ギャラリー】2017.3.8 バルセロナが起こした“奇跡”…CL大逆転劇の興奮をもう一度

[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグが8日に行われ、バルセロナとパリ・サンジェルマンが対戦した。

 ファーストレグで0-4の完敗を喫したバルセロナ。ベスト8進出はかなり厳しい状況だったが、本拠地カンプ・ノウで“奇跡”を起こした。

 バルセロナは開始4分にウルグアイ代表FWルイス・スアレスが先制点を獲得。幸先のいいスタートを切ったが、その後は攻防を繰り広げ、追加点を手にしたのは40分だった。エリア内左に突破したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタの突破から、パリSGのフランス代表DFレイヴァン・クルザワのオウンゴールを誘発。前半は2点リードで折り返す。

 最低でもあと3点が必要なバルセロナは後半立ち上がりに、エリア内左に突破したブラジル代表FWネイマールが倒されてPKを獲得。これをアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが落ち着いて決めて3-0とし、逆転への期待がますます膨らむ。

 しかし62分に、その勢いは挫かれる。セットプレーからウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニに得点を許し、3-1。アウェーゴールを奪われ、さらに3点が必要となり、チームにも若干の諦めムードがただよった。(歴史に残る逆転突破も、バルサの選手たちは途中諦めかけていた!?

 そのまま試合終了が迫る88分、「仲間とチームを信じていた」というネイマールがFKで希望を繋ぐ一撃を放つと、さらに後半アディショナルタイム1分にはスアレスが得たPKを決め、立て続けのゴールで2戦合計5-5とする。

 逆転まであと1点。希望が加速するバルセロナ。そして試合終了間際にドラマが待っていた。後半アディショナルタイム5分、ネイマールの浮き球パスに、スペイン代表MFセルジ・ロベルトが右足ジャンピングボレーで合わせて劇的ゴール。第1戦に喫した4点差をついにひっくり返した。

 そして歓喜の瞬間が訪れる。終了のホイッスルが鳴り響き、2戦合計6-5でベスト8進出が決定。スタジアムは歓喜と興奮に包まれ、ルイス・エンリケ監督やチーム、サポーターたちが奇跡の大逆転劇に酔いしれた。


[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る