2017.03.09

歴史に残る逆転突破も、バルサの選手たちは途中諦めかけていた!?

逆転突破を喜び合うバルセロナの選手たち [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 バルセロナは8日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグでパリ・サンジェルマンと対戦。ホームで6-1と大勝を収め、0-4で敗れたファーストレグのビハインドをひっくり返して、10年連続のベスト8進出を決めた。

 バルセロナを率いるルイス・エンリケ監督は試合後のインタビューで、「我々は誰も信じることをやめなかった」とコメント。しかし、一部の選手たちは途中、逆転を諦めかけていたようだ。9日付のスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が、パリ・サンジェルマンのイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティのコメントを伝えている。

 逆転での勝ち抜けを決めるためには、5点差以上での勝利が必要とされていたバルセロナ。開始3分にウルグアイ代表FWルイス・スアレスが先制点を挙げたのを皮切りに、40分には相手のオウンゴール、さらに50分にはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのPKによるゴールが決まり、3点のリードを奪った。しかし、62分に痛恨の失点を喫してしまう。セットプレーからウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニにゴールを奪われ、3-1となったのだ。

 この時点で、バルセロナはさらに3点を奪うことが求められた。ヴェラッティによれば、この時、バルセロナの一部の選手から「これで、すべて終わった」と言われたという。具体的な選手名は明かされていないが、さすがに残り30分ほどで奇跡を起こすのは難しいと感じたのかもしれない。

 しかし、その奇跡は起こった。88分にブラジル代表FWネイマールが直接FKを沈めると、91分には同選手が今度はPKで追加点をマーク。そして94分39秒に、途中出場のスペイン代表MFセルジ・ロベルトが大逆転劇を完結させるゴールを奪ったのだ。

 ファーストレグ4点ビハインドからの逆転劇はCL史上初の快挙となる。ただ、それをやり遂げたバルセロナの選手たちも、今ようやく実感がわいているかもしれない。
(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

チェルシー
93pt
トッテナム
86pt
マンチェスター・C
78pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る