2017.03.09

悪夢の6失点…パリSG会長、CL史上最大の逆転敗退は「受け入れがたい」

バルセロナ相手に大敗し、大逆転でCL敗退となったパリSG [写真]=Icon Sport via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、パリ・サンジェルマン(フランス)は敵地でバルセロナ(スペイン)に1-6と大敗。ファーストレグでは0-4と大勝していたが、2試合合計スコアで5-6と大逆転を許し、敗退が決まった。

 悪夢とも言える6失点を喫し、CL史上最大の逆転劇を許してしまったパリ・サンジェルマン。試合後、同クラブの会長を務めるナセル・アル・ケライフィ氏が心境を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 アル・ケライフィ会長は「2つのPKを取られてしまったとしても、我々は言い訳をするつもりはない。前半はプレーをしていなかった。ファーストレグで4-0と勝った後、セカンドレグで1-6で敗れたことは受け入れがたい。とはいえ、我々に選択の余地はない」と、敗退に落胆の意を示した。

セカンドレグは1-6、パリSGは大敗でCL敗退が決まった [写真]=Icon Sport via Getty Images

「ファーストレグで勝った後であり、準々決勝に進出するという目標を持つことは正当なものだった。我々はベストを尽くそうとしたが、突破を決めることはできなかった」

「1-3で迎えた88分から3失点を喫した。これを受け入れることはとても難しい。選手たちには何も言わなかった。今は適切ではないからね。誰も悩み、苦しんでいる。それは普通のことだろう」

 パリ・サンジェルマンは87分時点で1-3とビハインドを負っていたが、2試合合計スコアでは5-3とリードしていた。アウェーゴール数でも上回っていたため、残り時間で2失点までは許される状況だったが、3ゴールを失って敗退することとなった。アル・ケライフィ会長は、チームが受けているショックの大きさを強調していた。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る