FOLLOW US

レスター、敗戦もヴァーディが貴重なアウェーゴール…岡崎は出番なし

先制点を決めたセビージャMFパブロ・サラビア(左) [写真]=UEFA via Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが22日に行われ、セビージャ(スペイン)と日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター(イングランド)が対戦した。岡崎はベンチスタートとなった。

 プレミアリーグ王者のレスターは、リーグ戦で降格圏一歩手前の17位と大苦戦しているものの、初挑戦のCLではグループGを首位で通過した。一方、セビージャはグループHを2位で突破。1957-58シーズン以来のベスト8を目指す。セビージャは1月に加入したFWステヴァン・ヨヴェティッチらが先発。レスターはFWジェイミー・ヴァーディとMFリヤド・マフレズが2トップを組んだ。

 最初にチャンスを作ったのはセビージャ。4分、右サイドから切れ込んだパブロ・サラビアが左足でシュートを狙ったが、ここはクロスバーの上に外れてしまった。続く14分、エリア内でこぼれ球に反応したホアキン・コレアがウェズ・モーガンに倒され、セビージャがPKを獲得する。コレアが自らキッカーを務めたが、左下へのシュートはGKカスパー・シュマイケルが読み切ってキャッチ。セビージャは最初の決定機をものにできなかった。

 22分には右サイドからパスを受けたセルヒオ・エスクデロが鋭いミドルシュートを放ったが、ここもGKシュマイケルが横っ飛びでセーブした。続く25分、セビージャが左サイドでパスをつなぐと、エスクデロのクロスから最後は走り込んだサラビアがヘディングシュート。これがゴール左に決まり、先制ゴールを手にした。その後もセビージャがペースを握ったが、追加点はなく1-0のままハーフタイムを迎えた。

 セビージャは後半の立ち上がりにもチャンスを作る。エリア内左の角度がないところからビトーロがシュートを狙ったが、ここは惜しくも左ポストを直撃して外れてしまった。62分、ロングボールを前線で受けたヨヴェティッチがエリア内でターンして左へパス。これを受けたコレアがシュートを沈め、セビージャが追加点を奪った。

 ここまでほとんどチャンスを作れずにいたレスター。73分にダニー・ドリンクウォーターが左サイドからクロスを入れると、ヴァーディが右足でこれを決めて1点を返した。レスターにとっては貴重なアウェーゴールとなった。ヴァーディにとっても昨年12月10日のマンチェスター・C戦以来の得点だった。

ジェイミー・ヴァーディ

1点を返したレスターFWヴァーディ [写真]=Getty Images

 しかし、このまま試合は2-1でタイムアップ。セビージャがファーストレグを制した。なお、岡崎に出場機会はなかった。

 セカンドレグは3月14日にレスターのホームで行われる。

【スコア】
セビージャ 2-1 レスター

【得点者】
1-0 25分 パブロ・サラビアセビージャ
2-0 62分 ホアキン・コレアセビージャ
2-1 73分 ジェイミー・ヴァーディレスター

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO