2017.02.17

シャビ、古巣バルサのPSG戦大敗に「あらゆる面で相手が優れていた」

シャビ
シャビが古巣バルセロナの大敗について言及した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが14日に行われ、バルセロナはパリ・サンジェルマンに0-4の大敗を喫した。この試合について、バルセロナのレジェンドでアル・サッドに所属する元スペイン代表MFシャビがコメントを残している。16日付のスペイン紙『マルカ』が伝えた。


 敵地パルク・デ・プランスに乗り込んだバルセロナは、相手のペースで試合が進む展開のなかで攻勢をかけられず敗戦。4失点という大きなダメージを受けたことで、早くもCL敗退の危機に直面している。

 シャビは試合を振り返り、「あらゆる面でパリ・サンジェルマンが優れていた。相手はよりアグレッシブで、プレーのリズムが良かったよ。選手同士のクオリティはほぼ同じだが、この違いが大きかった。バルセロナはチャンスがなかったね」とコメント。両チームの勝敗を分けたポイントを指摘した。

 また、同選手は「バルセロナはいつもの調子ではなかった。特に、(アンドレス)イニエスタと(セルヒオ)ブスケツは状態があまり良くなかったね」と語り、コンディション面に問題があったことを説明した。

 そして、ホームで迎えるセカンドレグに関しては「ギブアップする理由はどこにもない。現実的に難しいのは確かだが、戦いが終わったわけじゃないよ」と話し、危機的状況であることを認めつつ、古巣の選手たちを鼓舞している。

 逆転突破を懸けたセカンドレグは3月8日、カンプ・ノウにて行われる。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
49pt
レスター
39pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
ボルシアMG
31pt
ドルトムント
29pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
35pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング