2017.02.16

マラドーナ、レアルに逆転負けの古巣ナポリを鼓舞「まだ死んでいない」

マラドーナ
元アルゼンチン代表FWのマラドーナ氏が古巣ナポリにエールを送った [写真]=Europa Press via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが15日に行われ、ナポリはアウェーでレアル・マドリードと対戦し、1-3と逆転負けを喫した。

 古巣であるナポリに声援を送った元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏は試合後、自身のFacebookで、ファーストレグを落としたチームを激励した。

 ナポリの選手たちがイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェの先制ゴールを喜ぶシーンの写真を掲載したマラドーナ氏は、「(ドリース)メルテンスのプレーで2-3と迫ることもできた。だが、我々は死んでいない。セカンドレグの試合に自信がある」とコメントし、敗れたチームを鼓舞している。

 セカンドレグは3月7日にナポリのホームで行われる。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
38pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
46pt
バルセロナ
43pt
セビージャ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
48pt
ラツィオ
46pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング