FOLLOW US

バルサ指揮官、CLベスト8懸けてパリSGと激突「非常に面白い試合になる」

パリSG戦の前日会見に臨んだルイス・エンリケ監督 [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 14日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、パリ・サンジェルマン(フランス)とバルセロナ(スペイン)が対戦する。

 敵地に乗り込むバルセロナは、10シーズン連続のCLベスト8入りを狙う。11日のリーガ・エスパニョーラ第22節アラベス戦では6-0と圧勝。敵地でゴールラッシュを見せた。中2日で臨むアウェーゲームを前に、ルイス・エンリケ監督が展望を語った。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 L・エンリケ監督は「パリ・サンジェルマンはここ数週間、ハイレベルなサッカーをしている」と、2月に入ってリーグ・アンで3連勝中の相手を警戒。「とにかく、彼らより良いサッカーをして勝つだけだ。ウナイ(エメリ監督)のことはよく知っている。きっと、我々を苦しめようとしてくるだろう。我々としてはボールを支配し、できるだけ多くのチャンスを作りたい」と、展望を語った。

 そして「彼らは我々のことを完璧に知っている。非常に面白い試合になると確信しているよ」と続けた。

 バルセロナパリ・サンジェルマンとCLの決勝トーナメントで対戦するのは、ここ5シーズンで3回目。過去2回は準々決勝での激突で、いずれもバルセロナが突破を決めている。今シーズンもパリ・サンジェルマンを破り、次のラウンドへ駒を進めることはできるだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO