2016.12.26

ハリル、CLのアンセムは「今でも鳥肌が立つ」…ベスト16は注目試合が目白押し

ハリルホジッチ
スカパー!の“欧州CL特別コメンテーター”を務めるハリルホジッチ監督
サッカー総合情報サイト

 2016-17シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)がいよいよ決勝トーナメントに突入する。スカパー! の“欧州CL特別コメンテーター”を務める日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督もハイレベルな戦いを待ちきれないようだ。

 ハリルホジッチ監督は、パリ・サンジェルマン監督時代にCL出場の経験を持つ。「アンセムが流れると、今でも鳥肌が立つ。絶対に忘れられない思い出だ。いつかまた、監督としてあの場所に立ちたい」。現代表監督にそう言わせるほど、CLとは魅力的な舞台なのだろう。

 決勝トーナメントには日本人選手が所属する3クラブが進出した。指揮官が「いい試合になるだろう」と注目するのは、『セビージャ(スペイン) vs レスター(イングランド)』。「レスターの方がいいFWをそろえているが、セビージャの方が守備は強い」と分析しつつ、「フィジカル的な戦いになるだろう。どちらも厳しいマンマークの守備から入り、カウンターを狙ってくると思う」と展開を予想する。

 MF清武弘嗣(セビージャ)とFW岡崎慎司(レスター)の日本人対決にも期待がかかる同試合。だが、今シーズンはどちらも定位置をつかみきれていない。特に、移籍1年目の清武は苦しい日々を送っている。「プレースタイルを変えなければいけない。(ホルヘ)サンパオリ監督に求められている守備を、もっと規律を持ってできなければいけない」。厳しい言葉は、期待の裏返しでもある。その証拠に「オフェンスのクオリティは持っているのだから」と続けた。

 一方、岡崎については「激しい競争に巻き込まれている。彼はチームのために犠牲になるプレーができる選手だが、私はもっとゴール前で見たい。得点を取ってほしい」とゴールを要求した。同じく激しいポジション争いを繰り広げているのが、ドルトムントのMF香川真司だ。11月に入ってからは、以前より痛みを抱えていた足首負傷の影響もあってベンチ外になることが少なくなかった。

 これら日本人選手も気になるところだが、何と言ってもCLは世界最高峰の舞台だ。前回王者のレアル・マドリードや優勝候補のバルセロナ、ベスト16での対戦が過去5年で3度目となるアーセナルとバイエルンなど……各試合、各チームから目が離せない。1回戦のファーストレグは2017年2月14日、15日、21日、22日に、セカンドレグが3月7日、8日、14日、15日に開催される。「どのチームが優勝するか、予想するのがむすかしい。サプライズもあると思う。全試合見た方がいい」。決勝トーナメントの見どころを語り尽くした『UEFA チャンピオンズリーグ 16/17 グループステージレビュー』は27日(火)22時よりスカチャン1(CS801、プレミアムサービス 581)で放送される。また、来年2月には決勝トーナメントの現地ゲスト解説も予定されている。

 詳細は下記の通り。

■UEFA チャンピオンズリーグ 16/17 グループステージレビュー
日時:2016年12月27日(火)22時〜23時30分
CH:スカチャン1(CS801、プレミアムサービス 581)
内容:熱戦が繰り広げられたグループステージをスカパー! 解説陣が徹底レビュー。欧州トップ選手が繰り出すスーパープレーはもちろん、岡崎・香川のゴールも振り返ります! さらに、ハリルホジッチ監督のロングインタビューを見れば、2月の決勝ラウンド開幕が待ち遠しくなること間違いなし!

■欧州最高峰に挑む日本人〜香川・岡崎・清武それぞれのUCL〜
日時:2017年2月4日(土)23時〜
CH:スカサカ!(CS800、プレミアムサービス 580)
内容:香川真司、岡崎慎司、清武弘嗣の3選手に決勝ラウンドに臨む意気込みや日本代表への思いをたっぷり語ってもらいます!

【ハリルホジッチ監督 今後のスカパー! 番組出演予定】
2017年1月:Jリーグラボ
2017年2月:決勝ラウンド生中継 現地ゲスト解説
2017年7月:シーズンレビュー

欧州順位ランキング

チェルシー
52pt
トッテナム
46pt
リヴァプール
45pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
42pt
ライプツィヒ
39pt
ホッフェンハイム
31pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
43pt
セビージャ
39pt
バルセロナ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
45pt
ナポリ
44pt
ローマ
44pt
欧州順位をもっと見る