2016.11.09

バイエルン指揮官、ユーヴェを擁護「批判は行き過ぎ」 ミランは「CLを目指せる」

アンチェロッティ
アンチェロッティ監督(左)がユーヴェとミランについて語った [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)の戦いで古巣のユヴェントスを警戒していることを明かした。また、日本代表FW本田圭佑が所属するミランについても言及している。

 イタリアメディア『メディアセット』のインタビューに応じたアンチェロッティ監督は「私はユヴェントスをとても恐れている。彼らは今シーズン、チャンピオンズリーグを掲げることができる優勝候補7チームのうちの一つだ」とコメント。ユヴェントスがCLの優勝を狙える力を持っているとの見解を明かし、以下のように続けた。

「彼らは批判を受けているが、それは行き過ぎたものだと思う。(ゴンサロ)イグアインは得点しないとすぐに批判される。FWの選手には得点できない時期があるものだよ」

 また、同じく古巣の一つであるミランについては「(ヴィンチェンツォ)モンテッラ監督は、興味深い考えを持っている。とても革新的で、競争力の高いものだ。若手を積極的に起用する考えは関心を引くものだよ」とコメント。モンテッラ監督の手腕を評価している。

 ミランは最近3シーズンに渡ってCLの舞台から遠ざかっているが、今シーズンはセリエA第12節終了時点で3位につけるなど、上々の序盤戦となっている。アンチェロッティ監督は「ミランがこのような道を歩めば、チャンピオンズリーグ出場権を目指すことができると思う」と、古巣の復権に太鼓判を押していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る