FOLLOW US

清武が途中出場でCLデビュー 数的有利のセビージャはザグレブに4発大勝

途中出場ながらCLデビューを果たした清武 [写真]=Getty Images

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第4節が2日に行われ、日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャディナモ・ザグレブが対戦した。

 グループ首位のユヴェントスに続く2位セビージャは、決勝トーナメント進出を今節決めるためには勝利が絶対条件。ここまでノーゴールで1勝も挙げられていないディナモ・ザグレブを相手に、なんとしても落とせない一戦となる。

 MFサミル・ナスリが負傷している中盤にはガンソが入り、清武がベンチ入りを果たした。そのほか、GKセルヒオ・リコ、MFビトーロ、FWルシアーノ・ビエットらが先発出場している。

 セビージャは13分、スタメン出場しているガンソが左足のミドルシュートを放った。枠を捕えることはできなかったが、序盤から積極的な姿勢を見せる。一方のディナモ・ザグレブも、ヨシップ・ピヴァリッチのクロスにエル・アラビ・ヒダル・スダニが頭で合わせるが、ポストの左に外れた。

 23分、左サイドのクロスにセビージャのスティーヴン・エンゾンジがヘディングでゴールを狙ったが、GKドミニク・リヴァコヴィッチが弾いたボールはバーに当たって外れる。しかし31分、左サイドからフランコ・バスケスがグラウンダーのボールをエリアに供給すると、これをトラップしたビエットがドリブルでディフェンダーをかわす。エリア左から左足でネットを揺らし、セビージャが1-0とした。

ビエット

先制ゴールを決めたビエット [写真]=Getty Images

 ディナモ・ザグレブは右サイドバックのペタル・ストヤノヴィッチがビトーロに後ろからタックルを仕掛けてファウル。すでに警告を受けていた同選手はレッドカードを提示され退場となった。リードを奪われる中でより厳しい展開となる。

 前半は1-0とセビージャがリードして折り返す。

 後半開始直後からセビージャは積極的な攻撃を見せる。50分にはアディル・ラミがミドルシュートを放つが、GKリヴァコヴィッチにキャッチされた。58分にはガンソとのワンツーで裏へ抜けたビトーロが右足のボレーで枠を狙う。力強いシュートだったが、GKリヴァコヴィッチが右腕一本でセーブして難を逃れた。

 なかなか追加点を奪えなかったセビージャだが、66分に引き離す。ビトーロとの連携でエリアに進入したセルヒオ・エスクデロがディフェンスをかわしてゴール右隅に蹴り込んだ。2-0とリードを広げたセビージャは75分、清武が投入されCLデビューを果たす。

清武弘嗣

CLデビューを果たした清武 [写真]=Getty Images

 80分、セビージャは左サイドのコーナーキックからエンゾンジがヘディングで押し込み、3点目。さらに87分には、右サイドからの鋭いボールをゴール前でトラップした途中出場のウィサム・ベン・イェデルが冷静に押し込んで4-0とした。

エンゾンジ

ダメ押しの3点目を奪い喜ぶエンゾンジ(中央) [写真]=Getty Images

 そのまま試合は終了し、セビージャが4-0で勝利した。次戦は22日、セビージャがユヴェントス、ディナモ・ザグレブがリヨンと対戦する。

【スコア】
セビージャ 4-0 ディナモ・ザグレブ

【得点者】
1-0 31分 ルシアーノ・ビエット(セビージャ
2-0 66分 セルヒオ・エスクデロ(セビージャ
3-0 80分 スティーヴン・エンゾンジ(セビージャ
4-0 87分 ウィサム・ベン・イェデル(セビージャ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO