2016.11.02

メッシが“ラウール超え”! CLグループステージ歴代最多得点記録を更新

メッシ
マンC戦で先制ゴールを決めたメッシ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 11月1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節のマンチェスター・C(イングランド)戦で、バルセロナ(スペイン)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが先制ゴールを決めた。

 メッシにとって、マンチェスター・C戦でのゴールはCLグループステージにおける通算54得点目だった。同選手は元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏の記録を上回り、グループステージ通算得点数で歴代トップに立ったようだ。スペイン紙『アス』が1日に報じている。

 メッシは21分、自陣ペナルティーエリア内からのカウンターでパスを受け、左サイドへ展開する。パスを受けたブラジル代表FWネイマールがドリブルで持ち上がり、中央へパスを供給。走り込んだメッシがワントラップから左足シュートを決めた。

 同紙によると、メッシはCLグループステージでの通算得点数を「54」に伸ばした。前節終了時点でラウール氏の記録と並んでいたが、今節のゴールで歴代トップに立った。

 なおメッシは今シーズン、CLグループステージ第4節終了時点で3試合に出場し、7ゴールを挙げている。昨シーズン、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが1シーズンのグループステージ得点記録「11」を樹立した。現在のペースであれば、メッシは記録更新を狙えるかもしれない。残り2試合で5ゴールを奪えるかどうか、注目だ。

 バルセロナはCL次節は23日、セルティックとのアウェーゲーム。そして12月6日の第6節ではボルシアMGをホームに迎える。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る