2016.08.17

グアルディオラ監督、大勝は「素晴らしい」…スターリングを高く評価

グアルディオラ
マンチェスター・Cの指揮を執るグアルディオラ監督(写真は7月のもの) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ(CL)プレーオフのファーストレグが16日に行われ、マンチェスター・Cはステアウア・ブカレストと対戦し、5-0の大勝を収めた。試合後、同クラブを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がコメントを残している。クラブ公式HPが伝えた。

 アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロのハットトリックなど、敵地で5ゴールを奪った上に、無失点で勝利。マンチェスター・Cは6シーズン連続でのCL本戦出場を確実なものとした。グアルディオラ監督は試合を振り返り、「素晴らしいパフォーマンスだった。本当に、本当に良いプレーをした」と選手たちを称賛した。

 UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』が試合後に掲載したデータによると、マンチェスター・Cのボール支配率は65パーセント。シュート数24本と、パス数629本はともにステアウア・ブカレストの2倍を超えた。グアルディオラ監督は「結果は確かに素晴らしい。だが、私を本当に満足させているのは、どのようにプレーしたかということだ」と大勝の結果よりも試合内容が充実していたことを誇った。

 さらにグアルディオラ監督は、この試合で2アシストを記録したイングランド代表MFラヒーム・スターリングを高く評価。「彼はまだほぼ20歳で、学ぶべきこともたくさんある」と前置きした上で、「彼はライン際でもインサイドでもプレーできる。中に来るときは、チームメートとリンクして高いクオリティを発揮できる」と賛辞を送った。

 また、2度にわたってPKを失敗しながらも3ゴールをマークしたアグエロについては、「大切なのは気落ちしないことだ。彼は試合に集中していたし、だからその後3得点を決めたんだ」とコメント。エースとしてプレーする姿勢を称えた。

 マンチェスター・Cとステアウア・ブカレストのセカンドレグは、24日にエティハド・スタジアムで開催される。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る