2016.08.04

五輪断念の久保裕也、2得点の大活躍…ヤング・ボーイズがCLプレーオフ進出

久保裕也
CL予選3回戦セカンドレグで2ゴールを挙げた久保裕也(写真は昨年8月のもの) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ予選3回戦セカンドレグが8月3日に行われ、FW久保裕也が所属するヤング・ボーイズ(スイス)とシャフタール(ウクライナ)が対戦。久保は先発メンバーに名を連ねた。

 リオデジャネイロ・オリンピックに臨む日本代表メンバーに名を連ねながら、ヤング・ボーイズ側が派遣を望まず、最終的に出場を断念することとなった久保。3日には自身の公式サイト(http://yuya-kubo.com/)で「今は少し整理のつかない部分もありますが」と心境をつづっていた。

 そして同日、シャフタールとのホームゲームに先発出場。「僕はあくまでもヤング・ボーイズの選手であり、ヤング・ボーイズでの活躍があったからこその代表選出なので、しっかり気持ちを切り替え今度はフル代表でプレーできる日を目標に更なる成長を誓いたいと思います」との思いを胸にピッチに立つと、チームを救う活躍をしてみせた。

 ヤング・ボーイズは7月26日のファーストレグで、アウェーで0-2と敗戦。厳しい状況でホームへと帰還すると、前半を0-0で終える。

 そして後半、54分に反撃のゴールが決まった。ロングパスから左サイドで起点ができると、敵陣中央の久保が猛然とペナルティーエリア内へダッシュ。相手のマークを振り切ってゴール前へ飛び込み、クロスボールに合わせてゴールネットを揺らした。

 さらに60分には左サイドからのクロスを味方がポストプレー。久保はペナルティーエリア左側でパスを受けると、右足を振り抜く。強烈なシュートがニアサイドを射抜き、ゴール左隅に決まった。久保が2ゴールを挙げ、ヤング・ボーイズは2試合合計スコアを2-2とした。

 延長戦では決着がつかず、プレーオフ進出の行方はPK戦へ持ち越された。先攻のヤング・ボーイズは5人中4人がキックを成功させ、シャフタールは2人が失敗。4-2でヤング・ボーイズがPK戦を制し、プレーオフ進出を決めた。久保はPK戦で2人目のキッカーを務め、成功させている。

【スコア】
ヤング・ボーイズ 2-0(2試合合計:2-2、PK:4-2) シャフタール

【得点者】
1-0 54分 久保裕也(ヤング・ボーイズ)
2-0 60分 久保裕也(ヤング・ボーイズ)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング