FOLLOW US

5人目のPKキッカー直訴…C・ロナウド「自分が決めるとわかっていた」

優勝を決める5人目のPKキッカーを務めたC・ロナウド [写真]=AMA/Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝が28日に行われ、レアル・マドリードがPK戦の末にアトレティコ・マドリードを下して2年ぶり11度目のCL制覇を成し遂げた。試合後、優勝を決めるPKを沈めたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのコメントをスペイン紙『アス』が伝えている。

 レアル・マドリードは15分にセットプレーからスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが先制ゴールをマーク。だが、後半に追いつかれると、勝ち越すことができずに試合はPK戦にもつれ込んだ。4人が成功したレアル・マドリードに対して、アトレティコ・マドリードは4番手のスペイン代表DFフアンフランが失敗。そして5番目のキッカーを任されたC・ロナウドがゴール右に決め、レアル・マドリードが激闘を制している。

 試合前に「決勝ゴールを決める」と宣言していたというC・ロナウド。結局120分を通してゴールを挙げることはできなかったが、PK戦の前にも「僕は自分が優勝を決めるとわかっていたから、(ジネディーヌ・)ジダン監督に、5番目のPKキッカーを任せてほしいと申し出たんだ」と、直訴していたことを明かした。

 そして、「(11回目の欧州制覇は)特別な瞬間だ。そしてこれは、僕ら選手、いつも一緒にいてくれたファンにふさわしいものだね」と優勝を喜んでいる。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

2016年5月28日 UEFAチャンピオンズリーグ決勝
【スコア】
レアル・マドリード 1-1(PK5-3) アトレティコ・マドリード
【会場】
ジュゼッペ・メアッツァ(ミラノ)
【得点者】
1-0 15分 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
1-1 79分 ヤニック・フェレイラ・カラスコ(アトレティコ・マドリード)

映像:スカパー!

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA