FOLLOW US

コスタリカ人初のCL決勝出場で優勝…レアル守護神K・ナバス「夢だった」

ビッグイヤーを掲げて喜びを爆発させるケイロル・ナバス(中央) [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝が28日に行われ、レアル・マドリードがPK戦の末にアトレティコ・マドリードを破り、2年ぶり11回目の優勝を果たした。

 レアル・マドリードのコスタリカ代表GKケイロル・ナバスが優勝の喜びを語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 K・ナバスは「チャンピオンズリーグ優勝は子どものころから持ち続けてきた夢だった。それが現実になった。神に感謝したい。そして家族や自分のことをいつもサポートしてくれる人たちにも感謝したいね。最高に嬉しいよ」と、喜びを爆発させた。

 そして「PK戦の時は冷静にプレーしていた」と心境を振り返り、「これからもこのクラブに全てを捧げていきたい。タイトルを獲るという気持ちを常に持っているよ」と、さらなる活躍を誓った。

 なお、『UEFA.com』によると、K・ナバスはコスタリカ国籍の選手として史上初のチャンピオンズリーグ決勝出場、そして優勝を成し遂げた。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら



SHARE

2016年5月28日 UEFAチャンピオンズリーグ決勝 【スコア】 レアル・マドリード 1-1(PK5-3) アトレティコ・マドリード 【会場】 ジュゼッペ・メアッツァ(ミラノ) 【得点者】 1-0 15分 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード) 1-1 79分 ヤニック・フェレイラ・カラスコ(アトレティコ・マドリード) 映像:スカパー!

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA