2016.05.11

CL決勝、クラッテンバーグ主審が担当…レアルは過去5戦全勝と好相性

クラッテンバーグ
クラッテンバーグ氏(左)がCL決勝の主審を担当 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 UEFA(欧州サッカー連盟)審判委員会がチャンピオンズリーグ決勝の審判団を発表。イングランド出身のマーク・クラッテンバーグ氏が主審を務めることが決まった。『UEFA.com』が10日に伝えている。

 今シーズンのチャンピオンズリーグ決勝は28日にイタリアのミラノで開催され、レアル・マドリードとアトレティコ・マドリードが対戦する。

 同試合の審判団はイングランド出身者のセットとなり、主審をクラッテンバーグ氏、副審をサイモン・ベック氏とジェイク・コリン氏、追加副審をアンソニー・テイラー氏とアンドレ・マリナー氏が務める。

 主審を務めるクラッテンバーグ氏は41歳で、過去には2012年のロンドン・オリンピック決勝などで笛を吹いた。今シーズンのチャンピオンズリーグでは6試合を担当。4月27日の準決勝ファーストレグ、アトレティコ・マドリードがバイエルンをホームで1-0で破った一戦でも主審を務めていた。

 なお、スペイン紙『マルカ』によると、クラッテンバーグ氏が担当した試合でレアル・マドリードは過去に5戦全勝と絶好の相性を見せている。今シーズンはチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節のパリ・サンジェルマン戦でクラッテンバーグ氏が主審を務め、レアル・マドリードが1-0と勝利を収めている。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る