2016.05.05

オウンゴール演出でCL準決勝突破…ベイル「決勝で勝てたら最高」

ベイル
決勝点となるオウンゴールを演出したベイル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 4日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグで、レアル・マドリードとマンチェスター・Cが対戦。レアル・マドリードが1-0で勝利を収め、2試合合計1-0で決勝進出を決めた。

 試合後、レアル・マドリードのウェールズ代表MFギャレス・ベイルが勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ベイルは20分、決勝点となる相手のオウンゴールを演出。右サイド深くからゴール前へ折り返したボールがマンチェスター・Cのブラジル人MFフェルナンドに当たり、イングランド代表GKジョー・ハートの頭上を越えてゴールへ吸い込まれた。

 ベイルは自身の得点を認められなかったものの「大事なのはゴール(が決まったこと)で、ボールが(ゴールに)入ることだ。誰が決めたかは大事ではなくて、決勝につながる得点になったということ(が大事だ)」と得点について語り、以下のように続けた。

「準決勝というのは、常に拮抗した展開になるものだ。数多くのゴールを決めて勝つチームなんてないよ。今はこの夜を楽しみたい。アトレティコ・マドリードと対戦する決勝は、非常にハードな試合になるだろうね。彼らがどういうプレーをするのかはわかっている。決勝で勝てたら最高だね」

 決勝は5月28日にイタリア・ミラノのスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァで行われ、レアル・マドリードはアトレティコ・マドリードと対戦する。決勝の前にはリーガ・エスパニョーラの2試合、8日の第37節バレンシア戦と15日の最終節デポルティーボ戦を控えている。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る