2016.05.04

アウェーゴール差でCL決勝へ…アトレティコ指揮官「偶然ではない」

シメオネ
試合終了後、決勝進出を喜ぶアトレティコ・マドリードのシメオネ監督 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグが3日に行われ、アトレティコ・マドリードはバイエルンに1-2で敗戦。2試合合計スコアで2-2となったが、アウェーゴール差で決勝進出を果たした。試合後、ディエゴ・シメオネ監督のコメントをUEFA(欧州サッカー連盟)の公式サイト『UEFA.com』が伝えた。

 試合は31分に元スペイン代表MFシャビ・アロンソのフリーキックが決まり、バイエルンが先制に成功する。しかし、54分にアトレティコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリエスマンが同点弾を叩き込み、試合は振り出しに戻った。74分にポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキのゴールでバイエルンが再びリードを奪うも、そのまま試合は終了。2試合合計2-2となり、アウェーゴール差でアトレティコ・マドリードが決勝に駒を進めた。

 シメオネ監督は試合を振り返り「僕のキャリアの中で最も素晴らしい相手と戦った」とバイエルンを称賛。その上で「我々はプレッシャーに対処しゴールを決めた。これはとても難しいことだったよ」とチームのパフォーマンスに満足感を示している。

 また指揮官は、2シーズンぶりとなる決勝戦に向けて「僕たちがここまでうまくやってきたのは偶然ではない。チームとして成長してきたんだ。ファイナルの舞台に立てることになったし、(これまでと)同じように勝利したいね」とコメントし、夢の欧州制覇に自信を覗かせた。

 決勝は、28日にイタリア・ミラノのジュゼッペ・メアッツァで開催。アトレティコ・マドリードは、レアル・マドリードとマンチェスター・Cの勝者と対戦する。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る