2016.04.30

CL控えるマンC指揮官、プレミアの日程に不満…レアルとは“約1日”の差

ペジェグリーニ
CL準決勝第1戦のレアル・マドリード戦を指揮するペジェグリーニ監督(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cを率いるマヌエル・ペジェグリーニ監督が、プレミアリーグの日程に関して、「信じられない」と不満を漏らした。29日付のイギリス紙『デイリーミラー』が伝えている。

 5月4日にチャンピオンズリーグ(CL)準決勝セカンドレグのレアル・マドリード戦を敵地で迎えるマンチェスター・C。そのため同クラブは、5月1日に予定されている敵地でのプレミアリーグ第36節サウサンプトン戦を早めに開催してほしいと同リーグに求めたが、拒否されてしまった。

 プレミアリーグやイングランドサッカー協会(FA)に不満を露わにしたペジェグリーニ監督は「信じられないことだよ」とコメント。「他のリーグを見てみてくれ。イタリアではCLを戦うチームは金曜日に国内の試合をこなしているよ」と続け、他国のリーグを引き合いに出して対応の差を嘆いた。

 また、「CLで勝ち続けないと、来シーズンの枠が減ってしまうんだよ。(日程の改善は)イングランドのサッカー界にとって良いことだと思う。我々はイングランドを代表してるんだ」と続け、プレミアリーグ全体のためにも日程を考慮することが必要だと説いた。

 一方、CL準決勝の対戦相手であるレアル・マドリードは、4月30日にリーガ・エスパニョーラ第36節レアル・ソシエダ戦を戦うため、マンチェスター・Cより“約1日”多く休養期間があることになる。同監督は「なぜ24時間早めることもできないんだ? 少なくとも、我々はレアル・マドリードと同じ準備の時間は得られるはずなのに」と、改めて日程への不満を漏らした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る