2016.04.29

レアルが発表、ベンゼマは右太ももの筋膜損傷…経過観察へ

ベンゼマ
マンCとのファーストレグではハーフタイムで交代したベンゼマ(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードは28日、元フランス代表FWカリム・ベンゼマについて、右足大腿二頭筋に筋膜損傷があると診断されたことを発表した。クラブの公式HPが伝えている。

 ベンゼマは23日に行われたリーガ・エスパニョーラ第35節のラージョ・バジェカーノ戦で先発出場したものの、右足大腿部を痛めて42分に負傷交代。3日後に行われたチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグのマンチェスター・C戦でも先発メンバーに名を連ねたが、前半のみのプレーで退いた。

 今回の発表によると、ベンゼマはサニタス・ラ・モラレハ大学病院で検査を受け、筋膜損傷が見つかったとのこと。全治や復帰時期については明らかにされておらず、「今後の経過を診る」と伝えられている。

 レアル・マドリードは30日にリーガ・エスパニョーラ第36節でレアル・ソシエダと敵地で対戦し、5月4日にはマンチェスター・Cとのチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグを控えている。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る