2016.04.29

グアルディオラの“芝生批判”にアトレティコが反論「これがサッカー」

グアルディオラ
グアルディオラ監督はピッチコンディションがプレーに影響を与えたと主張している [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 27日に(アトレティコ・マドリードの本拠地)ビセンテ・カルデロンで行われたチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグを0-1で落としたバイエルン。指揮官のジョゼップ・グアルディオラ監督は試合後に「パス回しが遅かった。なぜならピッチが助けてくれなかったからだ。芝生は乾燥していた。そうなることは分かっていたけどね」とピッチを批評した。

 しかし、それはグアルディオラ監督の苦しい言い訳に過ぎず、アトレティコ・マドリードは「これがサッカーだ」と返答した。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 バイエルンに所属するスペイン人DFハビ・マルティネスもピッチコンディションが黒星の最大の要因ではないとしながらもこう明言している。

「乾燥していた。そしてそれが、より争いを求める試合を引き起こした。僕らはスピードのあるプレー、速いパス回しで決定機をつくりにやって来た。でもピッチが僕たちのプレーの障害になった」

 だが、こういったバイエルンの批判に対して、アトレティコ・マドリードの選手たちが反論。

 スペイン代表MFコケは、「これがサッカーだ。僕たちは自分たちの武器を出してプレーしたし、彼らはセカンドレグで彼らのしたいように芝生を用意することができる」と話した。さらにブラジル代表DFフィリペ・ルイスは「2チームにとって、芝生は乾いていた。僕たちにも、僕たちのサッカーにとっても障害だった。僕たちはマドリードの気候を知っている」と話し、ピッチが乾いていたのはその土地の気候によるものだと話した。

 決勝点を決めたU-21スペイン代表MFサウール・ニゲスも、「ピッチは2チームにとって同じだ。ピッチが損害を与えたというのならば、それは2チームに対してだ」と、2チームとも同じコンディションで試合をしたのだから、理由にはならないという見解を示した。

 また、アトレティコ・マドリードのエンリケ・セレッソ会長はピッチについて「芝生はほんの少し前に張り替えたばかりだし、ピッチはいい状態だったと思う。我々は全てのシーズン、あのピッチでプレーをしているし、何の問題も手にしていない」とグアルディオラ監督の批評に返答している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る