2016.04.28

敵地で完封負け…バイエルン指揮官「今はブンデス優勝に集中」

グアルディオラ
敵地での第1戦を0-1で落としたグアルディオラ監督 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグが27日に行われ、アトレティコ・マドリードバイエルンが対戦。11分にU-21スペイン代表MFサウール・ニゲスが挙げたゴールが決勝点となり、ホームのアトレティコ・マドリードが1-0で先勝した。

 試合後、バイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督が敗戦を振り返り、サウールを称賛した。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 敵地でのファーストレグで完封負けを喫したグアルディオラ監督は「我々はゴールを決めることができなかった。相手には素晴らしいGK(ヤン・オブラク)がいて、組織として非常にうまく守っていた」とアトレティコ・マドリードの守備を称賛しつつ、「セカンドレグでは今回とは違うペースでプレーしなければならない。相手のゴールは素晴らしかったが、彼を止められなかったということでは、我々のミスから生まれたものでもある。チームのパフォーマンスには納得していないよ。とてもじゃないけど、良い結果とは言えない」と、厳しく敗戦を振り返った。

 また、決勝ゴールを挙げたアトレティコ・マドリードのサウールについては「彼のクオリティーには感服するよ。以前から彼のプレーは見ているけど、とても素晴らしい選手だ。また1人、スペインのサッカー界に偉大な才能が現れたね」と手放しで称賛した。

 バイエルンは5月3日にホームでのセカンドレグを迎える前に、30日にブンデスリーガ第32節のボルシアMG戦を控えている。グアルディオラ監督は「今は、土曜日にブンデスリーガ優勝を決めることに集中する」と、勝てば4連覇が決まる一戦への集中を強調し、「それから火曜日(セカンドレグ)のことを考えるつもりだよ」と述べた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング