2016.04.27

レアル、敵地でのマンC戦はドロー…S・ラモス「良い姿勢で戦えた」

S・ラモス
マンチェスター・CとのCL準決勝第1戦にフル出場したS・ラモス(左) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグが26日に行われ、レアル・マドリードマンチェスター・Cと敵地で対戦し、0-0の引き分けに終わった。試合後、キャプテンを務めるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスがインタビューに応じ、クラブ公式サイトがコメントを伝えている。

 この試合にフル出場したS・ラモスは「得点は決められなかったけど、後半は(前半よりも)ボールを持てたし、快適にプレーできたよ。僕たちはケガ人を抱えていたけど、良い姿勢で戦うことができたね。こういう試合は小さなミスが勝敗を分けるから、高い集中力が求められるんだ」と、チームの出来に手応えを感じていると明かした。

 また、リーガ・エスパニョーラ第34節のビジャレアル戦で負傷し、ファーストレグを欠場したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについては「彼がいることの重要性は理解しているけど、僕たちは素晴らしい戦力を抱えているし、誰がプレーしても良い仕事をしてくれるんだ。彼は準決勝をベストな状態で迎えたかっただろうけど、出場機会が少なくても戦ってくれる選手たちがいるよ」と話し、控え選手への厚い信頼感を口にした。

 セカンドレグは5月4日、レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われる。S・ラモスは「すごく興奮しているよ。もしシーズンはじめに、ファンの前でCL決勝を戦う機会を得られるとしたら、必ずそれを選ぶはずだ。ファイナルに向けて勝たないといけないね」と、ホームでの決戦に向けて意気込んだ。

 レアル・マドリードは次戦、30日にリーガ・エスパニョーラ第36節レアル・ソシエダ戦を敵地で迎える。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング