2016.04.27

“敵地で0-0”の後、レアルはセカンドレグに強い…突破確率は87.5%

マンCとのファーストレグを0-0で終えたレアル・マドリード [写真]=Real Madrid via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグが26日に行われ、マンチェスター・Cレアル・マドリードが対戦。0-0の引き分けに終わった。

 敵地でのファーストレグをスコアレスドローで終えたレアル・マドリードにとって、心強いデータがあるようだ。同クラブはヨーロッパのカップ戦決勝トーナメントで、アウェーのファーストレグを0-0で引き分けた後のセカンドレグでは過去8試合中7試合で勝利。次のラウンドへの進出を決めている。スペイン紙『アス』が伝えた。

 レアル・マドリードは昨シーズン、チャンピオンズリーグ準々決勝でアトレティコ・マドリードと対戦。アウェーでのファーストレグを0-0で終え、ホームでのセカンドレグでは1-0と勝利を収めて準決勝進出を決めた。“アウェーでスコアレスドロー、ホームで勝利”という形での勝ち上がり方は、ヨーロッパのカップ戦決勝トーナメントでは過去に8回中7回成功。突破確率は87.5パーセントと高い数値を記録している。

 なお、レアル・マドリードがアウェーでのファーストレグを0-0の引き分けで終えた後、ホームでのセカンドレグで敗れた唯一の試合は、1982-83シーズンのUEFAカップウィナーズカップ決勝トーナメント1回戦。ルーマニアのバヤ・マレに1-3で敗れている。

 決勝進出を後押しするデータを報じられたレアル・マドリード。一方、対戦相手のマンチェスター・Cには分の悪い戦績が残っている。同クラブはヨーロッパのカップ戦において、ホームでのファーストレグを0-0で終えた後にセカンドレグで勝利し、勝ち上がりを決めた経験が1度もない。過去に5回、ホームでのファーストレグを0-0で終える形になったが、いずれも敗退している。

 過去のデータを振り返るとレアル・マドリードが有利のように思われるが、果たして今回はどのような結果に終わるだろうか。チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグは5月4日、レアル・マドリードのホームで行われる。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング