2016.04.27

CL準決勝、決着は敵地での第2戦へ…マンC指揮官「恐れてはいない」

ペジェグリーニ
敵地でのセカンドレグへ自信を見せたペジェグリーニ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグが26日に行われ、マンチェスター・Cレアル・マドリードが対戦。0-0の引き分けに終わった。

 ホームでのファーストレグをスコアレスドローで終えたマンチェスター・C。マヌエル・ペジェグリーニ監督は試合後、「引き分けという結果は残念」と言いつつ、「スコアレスドローは勝利の次に良い結果」と感想を語った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 ペジェグリーニ監督は「おそらく、レアル・マドリードはファーストレグで結果を残したかったのだろう。我々も攻撃を仕掛けたが、明確なチャンスは作り出せなかった」と試合を振り返り、「終盤のCKでは相手に大きなチャンスが訪れたが、幸運なことにジョー・ハートが見事に防いでくれた」と、守護神の活躍を称えた。

 マンチェスター・Cはホームで勝つことができなかったが、レアル・マドリードにアウェーゴールを与えることなくファーストレグを終えた。ペジェグリーニ監督は敵地でのセカンドレグに向けて、「現時点で、レアル・マドリードが優位だとは思わないよ。今シーズン(のチャンピオンズリーグで)はパリ・サンジェルマンディナモ・キエフセビージャを相手に、アウェーで良い結果を残してきたんだ。(サンティアゴ)ベルナベウに行くことを恐れてはいないよ」と、抱負を語っている。

 マンチェスター・Cは次戦、5月1日にプレミアリーグ第36節で日本代表DF吉田麻也サウサンプトンと対戦。チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグは5月4日、レアル・マドリードのホームで行われる。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング