2016.04.15

42年前のリベンジを…アトレティコ会長「決勝でバイエルンと戦いたい」

セレソ
アトレティコのセレソ会長がバイエルンとの対戦希望を明かした [写真]=Fotopress/Getty Images、[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ準決勝進出を決めたアトレティコ・マドリードのエンリケ・セレソ会長が、決勝でバイエルンと対戦することを希望していると語った。スペイン紙『マルカ』がコメントを伝えている。

 アトレティコ・マドリードは13日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグで、バルセロナに2-0と快勝。5日のファーストレグでは1-2と敗れていたが、2試合合計3-2と逆転を果たし、ベスト4進出を決めた。

 アトレティコ・マドリードのほか、レアル・マドリードとバイエルン、マンチェスター・Cが準決勝進出を決めた今シーズンのチャンピオンズリーグ。組み合わせ抽選は15日に行われるが、対戦相手決定に先駆けてセレソ会長がコメントした。

「私は決勝でバイエルンと対戦することを望んでいる。42年前に起きたことのリベンジをしたいと思っているからね」

 アトレティコ・マドリードは1973-74シーズンのチャンピオンズカップ(チャンピオンズリーグの前身)で決勝に進出し、バイエルンと対戦した。1974年5月15日に激突したが、1-1の引き分けに終わり、2日後に行われた再試合では0-4と大敗。タイトルを逃している。

 また、セレソ会長は、13日の準々決勝セカンドレグにおけるニコラ・リッツォーリ主審の判定にも言及。「我々がバルセロナでプレーする時は、レフェリーが極めて優れたパフォーマンスをすることはない。だが、フットボールとはそういうものだ」と話す同会長は「水曜日の試合は非常に難しいものだったが、結果は公平なものだと思う。アトレティコは2試合を通じてより良いプレーをしたからね」と、アトレティコ・マドリードの準決勝進出は妥当との考えを明かした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る