2016.04.14

バルサとアトレティコ、明暗分けた要因は?…パス数と走行距離に驚くべき差が

勝利を喜ぶアトレティコ・マドリード(上)と敗退したバルセロナ(下) [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグが13日に行われ、アトレティコ・マドリードとバルセロナが対戦した。

 試合は、36分にアントワーヌ・グリエスマンのゴールでアトレティコ・マドリードが先制。後半に入ってバルセロナの猛攻を受けたが、88分にグリエスマンがPKを沈め、2-0で勝利を収めた。

 ファーストレグの結果と合わせて2戦合計3-2となり、アトレティコ・マドリードは2大会ぶりのベスト4進出が決定。敗れたバルセロナは、CL史上初の連覇を叶えることができなかった。

 この試合のスタッツに目を向けると、両者のスタイルの違いがよく分かる。最も大きな差が出ているのが、パスに関するデータ。ビルドアップからパスを丁寧に繋ぐバルセロナはパス総数675本でパス成功率も91パーセントと高い数値を残している。一方のアトレティコ・マドリードは、パス総数はバルセロナの約4分の1となる170本で成功率も72パーセントと決して高くない。

 一方で、アトレティコ・マドリードが大きくバルセロナを上回っているのが走行距離。チーム全体の走行距離は114キロメートルを超えており、バルセロナよりも10キロメートル以上走っている。フィールドプレイヤー1人当たりの走行距離で比較すると、1キロメートル以上の差がある。

 また、シュート数はバルセロナが12本でアトレティコ・マドリードを3本上回っているが、枠内シュート数はアトレティコ・マドリードの方が多く、効率良く得点に繋げることができた要因であるかもしれない。

 その他のスタッツは以下のとおり。

■CL準々決勝セカンドレグのスタッツ
(アトレティコ・マドリード:バルセロナ)

▼ボール支配率
28パーセント:72パーセント
▼総シュート数
9本:12本
▼枠内シュート数
6本:4本
▼CK回数
1回:5回
▼ファール数
20回:10回
▼パス総数
170本:675本
▼パス成功数
122本:616本
▼パス成功率
72パーセント:91パーセント
▼総走行距離
114.57キロメートル:102.57キロメートル
▼フィールドプレーヤー1人あたりの走行距離
11.01キロメートル:9.79キロメートル

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る