2016.04.14

バルサ撃破を喜ぶアトレティコ指揮官…CL4強入りは「大きな一歩」

シメオネ
アトレティコをCLベスト4へ導いたシメオネ監督(中央) [写真]=VI-Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが13日に行われ、アトレティコ・マドリードとバルセロナが対戦。ホームのアトレティコ・マドリードがフランス代表FWアントワーヌ・グリエスマンの2ゴールで2-0と快勝し、2試合合計3-2で準決勝進出を決めた。

 試合後、アトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督が勝利とベスト4進出の喜びを語った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 2011年12月からアトレティコ・マドリードを率いているシメオネ監督は、2年ぶり2回目となるチャンピオンズリーグ準決勝進出を決めた。同監督は「(2011年12月以降)4年と少しの間、一緒に頑張ってきた。このチームには長所があるんだ。選手たちが団結して結果を出してくれて嬉しいよ」と、喜びを語った。

 アトレティコ・マドリードはファーストレグで1-2と敗れ、不利な状況でセカンドレグを迎えた。シメオネ監督は「我々は(準々決勝)突破を決して諦めなかった。状況を把握しながら、自分たちにできることを信じて戦ったんだ。前半はどちらかというと自分たちが思い描いた展開となり、後半はどちらかというと相手の思いどおりの展開となった」と振り返り、「一瞬で流れを変えられる選手たちを擁する相手で、実績もある。(バルセロナは)優れたチームだ。異なる強みを持つチーム同士の対戦で、勝つこともあれば負けることもあるが、今日は我々が勝ったね」と話した。

 準決勝の組み合わせ抽選は15日に実施され、ファーストレグは26日もしくは27日に行われる。シメオネ監督は「今はグラナダ戦(17日のリーガ・エスパニョーラ第33節)のことしか考えていないよ」と、目の前の試合に集中する姿勢を強調しつつ、「マンチェスター・Cには財力があって、非凡な選手たちが揃っているね。レアル・マドリードとバイエルンには実績がある。非常に優れたチームばかりだ」とベスト4の面々について語った。

 そして「ベスト4に入れたことは、アトレティコ・マドリードにとっては大きな一歩だ。さらに結果を残していけると思うよ」と、今後を見据えた。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る