2016.04.07

マンC守護神ハート、復帰戦でイブラのPKを阻止「ちょっと弱かった」

ハート
イブラヒモヴィッチのPKを止めるGKハート [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグが6日に行われ、マンチェスター・Cはアウェーでパリ・サンジェルマンと対戦し、2−2の引き分けに終わった。試合後、イングランド代表GKジョー・ハートがインタビューに応じ、コメントをクラブ公式サイトが伝えている。

 マンチェスター・Cは、開始13分にPKを与えてしまう。だが、キッカーを務めたズラタン・イブラヒモヴィッチのシュートをハートが止めてピンチを凌ぐと、38分にケヴィン・デ・ブライネのゴールで先制に成功。しかし、自陣でのミスなどから2点を奪われてパリ・サンジェルマンに逆転を許す。それでも、72分にフェルナンジーニョが相手のミスを突いてネットを揺らし、アウェーゴール2点を奪って試合を終えた。

 この試合でケガからの復帰を果たしたハートは「クレイジーな試合だったね。サッカーの試合としてはとても良かったけど、良い結果と言えるかはまだ(セカンドレグを終えるまでは)分からないよ。アウェーゴールを2点奪えたことは素晴らしかったけど、どちらにも上に行くチャンスがあるんだ」と、貴重な敵地での2得点を喜びながらも、謙虚な姿勢を示した。

 また、同選手はイブラヒモヴィッチについて「ズラタンは(試合を通して)悪くなかったよね? あのPKはちょっと弱かったように感じたけど。でも、すぐ彼に得点されてしまったよ」と言及した。

 その上で「僕らはこのクラブで歴史を作っている途中だし、まだ終わりたくないんだ。今日の4バックのプレーを誇りに思っているよ」と、守備陣を称賛している。

 セカンドレグは12日、マンチェスター・Cの本拠地エティハドで行われる。

「それでもアーセナルが好きだ!」ワールドサッカーキング2016年5月号(No.310/4月12日発売)

[主なコンテンツ]

今号のワールドサッカーキングでは、「ガナーズ・スタイル第3弾」と称してアーセナルを大特集。リーグタイトルから遠ざかっているにも関わらず、現地ロンドンはもちろんのこと、日本にも多くのファンが存在するなど、アーセナルが世界中から愛される理由を検証します。主力25選手のパフォーマンスを憎愛たっぷりに評価した選手評は必読!

  • 発売日:2016年4月12日

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る