2016.02.28

都並氏がユヴェントス対バイエルンを分析…揺さぶり攻撃を完成させたミュラーの思わせぶりな動き

ミュラー
CLユヴェントス戦で先制点を決めたバイエルンのミュラー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2月26日深夜に日本テレビで『UEFAチャンピオンズリーグハイライト』が放送。番組では元日本代表DFの都並敏史氏が2月23日、24日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1st legの4試合を解説した。

 注目の大一番、ユヴェントス対バイエルンでは43分にトーマス・ミュラー(バイエルン)が決めた先制点を詳しく解説。速攻からミュラーが右サイドに展開した後の動きに注目した。

 ミュラーはパスを出した後に、ペナルティエリアに入る軌道でフリーランニングを始める。その動きを見ていたユヴェントスの右サイドバック、ステファン・リヒトシュタイナーはマッチアップしていたダグラス・コスタを視界に捉えつつもて、中央エリアをケアした。しかし、ミュラーはペナルティエリア手前で止まり、リヒトシュタイナーがマークを緩めたことで、左サイドのダグラス・コスタがフリーに。右サイドからのクロスは左サイドまで流れ、ダグラス・コスタが中央へ折り返す。DFのクリアミスを拾ったミュラーが右足で叩き込み、バイエルンが先制した。都並氏は、一連のミュラーの動きを「揺さぶり攻撃を完成させた思わせぶりな動き」と称して、短時間に起きたハイレベルなプレーを分析した。

 試合は2-2で終了。バイエルンのホームで行われる2nd legは3月16日に行われる。

『UEFAチャンピオンズリーグハイライト』は、BS日テレで2月29日(月)24時から、「日テレ無料」での見逃し配信は2月26日(土)15時から一週間限定で視聴可能となっている。次回の放送は、3月11日(金)深夜に放送予定。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング