FOLLOW US

32戦無敗の王者バルサが復調傾向のアーセナルと敵地で激突…CL予想先発

好調のバルセロナを引っ張る“MSN”(左からスアレス、ネイマール、メッシ) [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメントが16日に開幕。23日に行われる1回戦ファーストレグでアーセナルバルセロナが対戦する。UEFA(欧州サッカー連盟)が22日に同試合の予想先発メンバーを公式サイト『UEFA.com』に掲載した。

 直近の10年間で3度顔を合わせているこのカード。2005-06シーズンの決勝戦、2009-10シーズンの準々決勝、2010-11シーズンの準々決勝のいずれもバルセロナが制した。しかしながら、エミレーツ・スタジアムで行われた2試合は、ホームのアーセナルが1勝1分けと勝ち越している。また、アーセナルの守護神であるチェコ代表GKペトル・チェフは、バルセロナのエースであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに1度も得点を許していないというデータもある。

 第1戦をホームで迎えるアーセナルは、2016年に入ってからのリーグ戦5試合でわずか1勝と波に乗れず。しかしながら、14日に行われたプレミアリーグ首位に立つ日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターに劇的な勝利を収めるなど直近の2試合では連勝しており、復調の兆しが見えている。チームを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は前日会見で「完璧なチームなどないが、バルセロナはそれほど遠くないところにある。我々はチャンスを確実に決めなければならない」と、昨シーズンの王者に警戒を強めた。

 予想フォーメーションは「4-2-3-1」で、先発メンバーにはドイツ代表MFメスト・エジル、チリ代表FWアレクシス・サンチェス、フランス代表FWオリヴィエ・ジルーらが入った。また、レスター戦で途中出場から同点ゴールを挙げたイングランド代表FWセオ・ウォルコットもスタメン入りが予想されている。

 対するバルセロナはクラブ記録となる公式戦32試合無敗を継続中。特に、直近の14試合では13勝を挙げており、リーガ・エスパニョーラでも2位アトレティコ・マドリードに勝ち点差「8」をつけ、独走態勢に入ろうとしている。チームを率いるルイス・エンリケ監督は「最高の3トップを筆頭に、非常に素晴らしいチームを率いることができてとても嬉しい。私が『アブラカダブラ』と唱えるだけで魔法が起こる」と、好調のチームに全幅の信頼を寄せていると明かした。

 予想先発メンバーには、メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマールの3トップ“MSN”が揃って名を連ねた。中盤にはクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチ、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ、同MFアンドレス・イニエスタがスタメン予想。一方で、トルコ代表MFアルダ・トゥランは出場停止となっている。

『UEFA.com』による予想先発メンバー

アーセナル「4-2-3-1」

▽GK
ペトル・チェフ

▽DF
エクトル・ベジェリン
ペア・メルテザッカー
ローラン・コシェルニー
ナチョ・モンレアル

▽MF
アーロン・ラムジー
フランシス・コクラン
セオ・ウォルコット
メスト・エジル
アレクシス・サンチェス

▽FW
オリヴィエ・ジルー

バルセロナ「4-3-3」

▼GK
マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン

▼DF
ダニエウ・アウヴェス
ジェラール・ピケ
ハビエル・マスチェラーノ
ジョルディ・アルバ

▼MF
イヴァン・ラキティッチ
セルヒオ・ブスケッツ
アンドレス・イニエスタ

▼FW
リオネル・メッシ
ルイス・スアレス
ネイマール

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA