2015.12.09

CLグループ首位通過に満足するアトレティコ指揮官「良い試合をした」

アトレティコ・マドリード
ゴールを喜ぶアトレティコ・マドリードの選手たち [写真]=Getty Images
世界最高峰のスペインサッカーリーグ。17−18シーズンもレアル、バルサ、アトレティコによる3強+乾貴士が所属するエイバル戦を中心に毎節最大5試合を生中継!

 8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ最終節、アトレティコ・マドリードはアウェイでベンフィカを2-1で下し、通算4勝1分1敗としてグループ首位での決勝トーナメント進出を確定させた。

 この試合、33分にサウール・ニゲス、55分にルシアーノ・ビエットがそれぞれゴールを挙げると、ベンフィカの反撃を1点に抑えて白星を掴んだアトレティコ・マドリード。試合後の会見に臨んだディエゴ・シメオネ監督は、グループステージ第2節ではホームで1-2と敗れたベンフィカにリベンジを果たし、公式戦7連勝を達成したチームのパフォーマンスに高い満足感を表した。

「チームは最近の戦いと同様に良い試合をした。厳しい守備からボールを奪い、鋭い攻撃で敵陣深くまで切り込んだ」

 アトレティコ・マドリードは、ベンフィカの本拠地エスタディオ・ダ・ルスには2シーズン前のCL決勝で宿敵レアル・マドリードに延長戦の末に敗れた苦い思い出があるが、シメオネ監督は、平常心を崩すことなく勝利を収めたチームを高く評価した。

「我々はリスボンに戻ってきたが、前回と同じく当日に現地入りし、同じホテル、同じロッカールームを使い、試合に勝利した。そういった事がこのチームを良く表していると言えるだろう」

 現在、中盤の要であるポルトガル代表MFティアゴ・メンデスを負傷で欠いているアトレティコ・マドリードだが、シメオネ監督は残された選手の働きを称賛した。

「コケ、ガビ、サウールの3人は、並外れて高い総合力を持っており、誰もがティアゴの役割をこなすことができる。そのお陰で多くの選択肢があることにより、我々はパフォーマンスを落とすことなく対戦相手によって選手起用を変えることが可能となっている」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
3pt
ハダースフィールド
3pt
マンチェスター・C
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る