2015.12.08

CL首位通過狙うアッレグリ監督「バルサやバイエルンを避けたい」

ユヴェントスを率いるアッレグリ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 8日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ最終節、ユヴェントスはセビージャと敵地で対戦する。ユヴェントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督は前日会見に応じた。7日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 すでにCL決勝トーナメント進出を決めているユヴェントス。13日にはセリエA第16節、2位のフィオレンティーナとの一戦を控えている。

 アッレグリ監督は、「フィオレンティーナ戦のことは今考えていない。我々には2つの目標があるからだ。最初はグループ首位通過することで、欧州最強のバルセロナやレアル・マドリード、バイエルンを避けることだ。それから、無敗でグループステージを終えることが2つ目の目標だ。CLを続けていくうえで、明日は最も重要で難しい試合になる。だから、今はセビージャ戦のことだけを考えている」と話し、目の前のセビージャ戦に集中しており、CLグループDの首位突破を目指していると強調した。

 また、昨シーズンのCLと比較して、「我々は昨シーズンよりもCLではうまくやっている。勝ち点は3ポイント多く、守備では2失点。ホームでは1点も奪われていない。我々は欧州最強クラブの1つであるマンチェスター・C、とてもうまくやっているボルシアMG、ヨーロッパリーグ2連覇中のセビージャと同じグループだった。選手たちを称えなければならない」と言及し、今シーズンのCLでの戦いぶりに満足感を示した。

 昨シーズンとは違い、現在セリエAで5位につけ、上位を追う立場にあるユヴェントス。アッレグリ監督は、リーグ戦について、「チームのコンディションは良くなっていて、若手とベテランがうまくミックスされてきて、素晴らしいシーズンにできるはずだ。リーグ戦では首位に勝ち点6差だが、我々は他のチームを気にするべきじゃない。5月16日まで勝負は分からないよ」と語り、今後の巻き返しを誓った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る