2015.11.05

最多記録は97ゴール…過去10年間のCLで最も失点しているチームとは?

CL優勝トロフィー”ビッグ・イヤー” [写真]=VI Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イギリスのスポーツ統計会社『オプタ』によると、チャンピオンズリーグ(CL)で過去10年間、最も失点しているチームがプレミアリーグのアーセナルであることが明らかとなった。4日のイギリス紙『デイリーミラー』などが報じた。

 2000年以来、CL本選に出場し続けているアーセナルだが、2005-06シーズンに準優勝を収めたのが最高成績で、過去5シーズンはベスト16敗退と低迷気味。CLグループステージ通過の常連チームである分、試合数が多いという理由もあるが、2006年から今シーズンこれまでの失点数が最多の97を記録している。

 かつてアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、「攻撃は最大の防御。美しい攻撃こそが全て」などと語り、2003-04シーズンにはプレミアリーグでシーズン無敗優勝を果たしているが、意外なところで守備の脆さが明るみに出た形となった。

 4日に敵地で行われたCLグループステージ第4のバイエルン戦でも1-5での大敗を喫したアーセナルは、自力での決勝トーナメント進出の可能性が消滅。2002-03年シーズン以来となる同大会グループステージ敗退の危機に直面している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る