FOLLOW US

10人のユーヴェが守りきりドロー…復帰のリヒトシュタイナーが同点弾

貴重な同点ゴールを決めたリヒトシュタイナー(中央) [写真]=Bongarts/Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第4節が3日に行われ、ボルシアMGとユヴェントスが対戦した。

 昨シーズンの準優勝チームであるユヴェントスは、2連勝で迎えた前節の同一カードをスコアレスドローで終え、3連勝を飾れなかった。一方、ボルシアMGは3試合目にして初の勝点を獲得。逆転でのグループ突破を目指す。ユヴェントスは9月に心臓の手術を受けたスイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナーが約1カ月半ぶりにスタメンに復帰した。

 最初にチャンスを作ったのはホームのボルシアMG。14分、ゴール前でボールを受けたマフムド・ダフードが右足でミドルシュート。ボールは枠に向かって飛んだが、クロスバーに当たって外れてしまった。続く18分、左サイドからオスカル・ヴェントがグラウンダーのクロスを入れると、ユヴェントスジョルジョ・キエッリーニがクリアミス。これを拾ったラファエウがファビアン・ジョンソンにつなぎ、ゴール左下にしっかりと決めた。

 その後もホームのボルシアMGがペースを握ったが、追加点を奪えない。すると44分、ユヴェントスが決定機をものにする。左サイドのパトリス・エヴラアルバロ・モラタにボールを渡し、モラタがポール・ポグバへつなぐ。ポグバがエリア内右へ浮き玉のパスを送ると、走りこんだリヒトシュタイナーが右足ボレーシュート。これが左ポストに当ってネットを揺らし、ユヴェントスが同点に追いついた。このまま1-1で前半を終えた。

 後半立ち上がりの53分、ユヴェントスエルナネスが危険なタックルをしかけて一発退場。10人での戦いを強いられることになった。

 ユヴェントスは75分にアンドレア・バルザーリを投入し、5バックで守りを固める。ボルシアMGは終盤までユヴェントスのゴールに迫ったが、このまま1-1のドローに終わった。これでユヴェントスは勝点8の2位、4位のボルシアMGは未勝利の同2でグループステージ敗退が決まった。

 次節、ボルシアMGはセビージャと、ユヴェントスマンチェスター・Cとそれぞれホームで対戦する。

【スコア】
ボルシアMG 1-1 ユヴェントス

【得点者】
1-0 18分 ファビアン・ジョンソン(ボルシアMG)
1-1 44分 シュテファン・リヒトシュタイナーユヴェントス

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA