2015.10.21

2得点で勝利に貢献したラキティッチ「妊娠した妻に捧げたかった」

バルセロナ所属のMFラキティッチ(写真は9月のラス・パルマス戦) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節で、バルセロナはBATEボリゾフと対戦し2-0で勝利。試合後、クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチがインタビューに応じた。同日、クラブ公式サイトがコメントを伝えている。

 試合は0-0で迎えた後半立ち上がりの48分にネイマールの折り返しをラキティッチが決めて、バルセロナが先制に成功。続く64分、またもネイマールのアシストからラキティッチが得点し、バルセロナが追加点を奪った。このままラキティッチの2ゴールを守りきり、バルセロナが2-0でCLグループステージ連勝を飾った。

 このゴールが今シーズン公式戦初得点となったラキティッチ。試合について、「その前にも僕にはチャンスがあったけど結果が出ていなかった。大事なのはチームの役に立つことで、ここでのプレーは簡単ではない。得点するのに完璧なタイミングだった」と語り、自身のゴールとともにチームの勝利を喜んだ。

 また、「再び妊娠した妻のためゴールを捧げたかった」と続け、二重の喜びがあったことを明かした。

 最後に、チームについては「僕らはとても良いプレーをした。この流れを続けて行かなければならない」と話し、次の試合へ切り替えていた。

 バルセロナは次節、11月4日にホームで再びBATEボリゾフと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
ラツィオ
18pt
欧州順位をもっと見る