2015.10.21

モウリーニョがヴェンゲルの発言を引用「審判は“気弱”で“ナイーブ”」

ディナモ・キエフ戦でチェルシーを指揮するモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、20日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージのディナモ・キエフ戦後のインタビューで、アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督の言葉を引用して審判を批判した。同日付のイギリス紙『スカイスポーツ』が報じている。

 試合は両チームともに決定的なチャンスを決めきれず、スコアレスドローに終わった。モウリーニョ監督は、この試合でスペイン代表MFセスク・ファブレガスが前半の16分にペナルティーエリア内で倒されたにも関わらず、PKが与えられなかったことに対して「審判は“気弱”で、PKを与えることに対して“ナイーブ”だ」と、審判を批判するようなコメントを口にした。

 この発言は、ヴェンゲル監督の発言を引用したものだ。ヴェンゲル監督は、アーセナルがチェルシーに0-2で敗れたプレミアリーグ第6節の試合後のインタビューで、“気弱”や“ナイーブ”といった表現で審判を批判していた。

 一方、プレミアリーグ第8節のサウサンプトン戦後、モウリーニョ監督は「審判はチェルシーに対して有利な判定を下すことを恐れている」とコメント。この発言に対してFA(イングランドサッカー協会)は処分を下し、5万ポンド(約920万円)の罰金を科した。

 この処分の後、モウリーニョ監督は「“恐れている”という言葉には厳しい罰則が下される。しかし、審判に対して“気弱”や“ナイーブ”と言うのはこの国だけではなく、ヨーロッパでも許されるようだ。だから私も“気弱”や“ナイーブ”と言うことにしよう」と、名前こそ出さなかったが、明らかにヴェンゲル監督の発言を引き合いに出している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る