2015.10.08

D・ザグレブMFがCLアーセナル戦後のドーピング検査で陽性反応

アデミ
9月16日のアーセナル戦に出場したアデミ(左) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ディナモ・ザグレブに所属するマケドニア代表MFアリヤン・アデミが、9月16日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節、アーセナル戦後のドーピング検査で陽性反応を示していたことが明らかとなった。7日、クラブ公式サイトが発表している。

 アーセナル戦にフル出場し2-1の勝利に貢献していたアデミだったが、試合後の検査で陽性反応が出たという。クラブは「(同選手が)今年6回検査をしたが問題はなかった。驚いている。UEFA(ヨーロッパサッカー連盟)による懲戒手続が行われるが、再検査の結果が出るまでコメントすることはできない」と同サイトで声明を発表した。

 同日のイギリスメディア『BBC』は、アデミのほかにも複数選手が陽性反応を示した場合、チームが大会失格になる可能性があると報じている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る