FOLLOW US

ジェラード、CL決勝はクラシコを希望「誰もが楽しめる最高の試合」

LAギャラクシーに所属するジェラード [写真]=AMA/Getty Images

 MLS(メジャーリーグ・サッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラードがイギリスメディア『BTスポーツ』のインタビューに応え、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて語った。イギリス紙『デイリー・ミラー』が9月29日に伝えている。

 昨シーズンまで17年間リヴァプールでプレーしたジェラード。2004-05シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)を制覇し、UEFA(欧州サッカー連盟)年間最優秀選手に輝いたが、「たった2人、メッシやC・ロナウドと対戦することだけは恐れていた。彼らは違う惑星から来た」という。

 メッシについて「彼を前にしたら、不可能な選択をする羽目になる。ファウルをして倒すか、突破されるかだ。さらに、メッシはどの角度からもゴールを決めてくる」と称賛。一方のC・ロナウドに関しては、「彼はセットプレーや空中戦に強く、ロングレンジからゴールエリアまで、どこからでも得点を挙げる。フィジカルも強い」と評価している。

「2人のどちらかを選べというのは、ペレと(ディエゴ)マラドーナのどちらかを選ぶようなもので、不可能だ」と両者の比較に頭を悩ませるも、「どうしても選ばなければならないなら、僕はメッシを選ぶ。メッシの方が少しだけチームプレーに徹するところがあるからね。僕の心の中ではメッシが51パーセントでC・ロナウドが49パーセントというところだ」と、僅差でメッシに軍配を挙げた。

 また、「2人がクラブで挙げたゴールは合計800得点を超えている。このような記録が繰り返されるようなことになったら、僕は驚いてしまうだろう。ライバルチームに属している2人がサッカーを新しいレベルに導こうとしている状況は、今だけのことだ」と自身の見解を述べ、「彼らの活躍を見られるなんて、僕らは非常に恵まれている。今のうちに彼らを見て楽しんだ方いい」と、同じ時代に生きる喜びを口にした。

 そして、「イングランドのチームには勝ってほしいけれど」と前置きたうえで、今シーズンのCL決勝では「バルセロナレアル・マドリードの決勝なら、誰もが楽しめる最高の試合になる」と、最高の舞台で両選手の対戦が実現することを希望している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA