FOLLOW US

都並敏史がCL第1節を総括「相手FWをイライラさせるキエッリーニの精神的な駆け引き」を評価

激しいバトルを見せたボニーとキエッリーニ[写真]=Getty Images

 9月15日、16日に2015-16シーズンのUEFAチャンピオンズリーグが開幕。元日本代表DFの都並敏史氏が9月18日深夜に日本テレビで放送した『UEFAチャンピオンズリーグハイライト』で世界トップクラスのプレーを解説した。

 まずグループステージ第1節の注目カード、ローマバルセロナに注目。21分にバルセロナのFWルイス・スアレスが先制点を奪ったシーンについて「ラキティッチのクロスがDFの足に当たってコースが変わっているのに、スアレスはしっかり頭で合わせている」と反応スピードを高く評価した。31分にローマのMFアレッサンドロ・フロレンツィが決めた50メートル超のロングシュートについては「相手からボールを奪った速度のまま、持ち上がって狙ったシュート。パスが出せないと分かったら、思いっきり振り抜いたけど、精度が高いね」と舌を巻いた。

 試合は1-1のドローで終了。ローマバルセロナが勝ち点1を分け合っている。

 続いて、マンチェスター・Cユヴェントスの好カードをピックアップ。マンチェスター・CのFWウィルフリード・ボニーと、ユヴェントスのDFジョルジョ・キエッリーニのマッチアップについて言及した。試合中に精神的な駆け引きを見せるキエッリーニを「FWをイライラさせる、経験豊富なベテランらしい」と、現役時代に同じDFとして活躍した都並氏らしい視点でチェック。守備の局面については「クロスに対してキエッリーニは、裏から入ってくるボニーを左手で牽制して、しっかり対応している」とプレーついても高く評価した。

 逆転ゴールとなったアルバロ・モラタのシュートは「強いシュートを打つときは、ステップを細かくする必要がある。だけど、逆に大股で踏み込んで、(ボールを)曲げられる体幹、流石だね」とコメント。イタリア王者ユヴェントスが敵地でマンチェスター・Cを下した一戦を振り返った。

「UEFAチャンピオンズリーグハイライト」は、スマホやパソコンで見逃し配信を「日テレ無料」で視聴可能。グループステージ第2節のハイライトは、10月2日(金)深夜2時15分から日本テレビで放送(関東のみ)する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA