FOLLOW US

ローマMFフロレンツィが60メートル弾を自画自賛「見事なゴール」

ロングシュートでの同点弾を決めたローマMFフロレンツィ [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節が16日に行われ、ローマはホームで、昨シーズンの王者バルセロナと対戦し、1-1の引き分けに持ち込んだ。約60メートルのロングシュートを突き刺したイタリア代表DFアレッサンドロ・フロレンツィが、イタリアメディア『メディアセット』のインタビューに答え、自身のゴールを振り返っている。

 フロレンツィは、「勝ち点1をもたらした重要なゴールだった。素晴らしいゴール。ボールがネットを突き刺した瞬間、手で顔を覆ってしまった。いつもできるようなゴールじゃないからね。(エディン)ジェコにクロスを配給することはできなかったが、見事なゴールを決めることができたよ」と自画自賛した。

 さらに、「エベレストの高いところまで辿りついた。世界最強のチームを止めることができたのだからね。最後の最後まで戦うことができたよ。バルサを止めるためにチームが一体となったし、良いプレーもできたよ。みんな満足している。この一戦を満喫してすぐに(セリエA次節の)サッスオーロ戦に切り替えたい」と続けると、「僕らはバルサの長所を分かっていた。コンパクトに、激しく戦うことができた。攻撃ではジェコがチームをとても助けてくれた」と語っている。

 また、「フロレンツィは右サイドバックで世界最高のプレーヤーとなれる」と絶賛したイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシについて、「嬉しいね。明日、コーヒーでもおごるよ」と答えている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA