2015.06.06

3冠狙うバルサ指揮官「キャリアで最も重要な挑戦でないことを願う」

ルイス・エンリケ
前日会見に出席したL・エンリケ監督 [写真]=Getty Images

 バルセロナのルイス・エンリケ監督が、6日に行なわれるチャンピオンズリーグ決勝のユヴェントス戦に向けた前日会見に出席した。スペイン紙『アス』がコメントを伝えている。

 L・エンリケ監督は「中盤の争いになるか?」という質問にこう返答している。

「それは勝負の鍵のひとつとなる。そこでいろんなことが決まるだろうが、そこを制圧できれば、悪くはない。だけどボールを持つ、自分たちのスタイルを貫くことが前提となる」

 またゲームについては「ボールを相手よりも多く持ちたいし、相手の陣地でプレーし、偉大なレベルでありたい。しかし、私たちは確実に困難を抱えるだろう。これはスタイルが違う同士の対決ではない。なぜなら彼らもボールを持つことを必要しているからだ。ユヴェントスにも確固たるやり方、手段があるからこそ、3冠を達成できる位置にいるのだ」

 L・エンリケ監督は現役時代にチャンピオンズリーグ決勝という舞台でプレーした事はない。しかし、今回の決勝は指揮官にとって現役時代に出来なかったことのリベンジではないと語っている。

「私の監督としてのキャリアを誇りに思うし、(現役時代の)復讐の気持ちは何もない。今は監督という自分の仕事をしている」

 また指揮官はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて問われると「最高の選手だが、何かを彼に望むのは正当ではない。私たちは試合をひとつの集団として挑むことを理解している。彼には最高の状態でチームに全てを与えてくれることを期待することは確かだ」

 今大会の決勝が「人生で最も重要な挑戦か?」と問われると、L・エンリケ監督は「いいや、まだそこに到達していないことを期待している」と返答した。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング